FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 京都金杯 結果論

京都金杯 結果論


3角までにはウインガニオンがハナを切る形にはなったが、マイネルアウラートやらアメリカズカップが譲らなかったせいで、2F目が10秒6。これが効いて本命馬ウインガニオンは直線で完全に失速、大差の最下位に沈んだ。マイネルにしてもアメリカズカップにしてもハナを主張しなくてはいけない馬ではなく、共倒れになるようなペースをつくる必要はなかったと思うのだが。結果、道中、ほぼ最後方にいたブラックムーンが鮮やかな差し切り勝ち。展開が向いたのはもちろんだが、上がりの脚は他馬より抜けていて、強かったのも間違いない。レッドアンシェルは好位に付けた分、最後はクルーガーに差されたが、強さを見せたように思う。そして展開を考えれば4番手追走から4着に粘り込んだダノンメジャーがいちばん見どころがあった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL