FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP本紙の見解 ≫ Vol.2143 すばるS(OP)

Vol.2143 すばるS(OP)

1回京都開催といえば平安SなきいまとなってはすばるSではないかと思ったりする。

その今年のすばるSはなかなか面白そうで、そしてなかなか難しそうなレースになった。この手のレースをビシッと取れれば、調子も一変しそうだが、さて。

本命はウインムート。

暮れのギャラクシーS組が多いが、そのギャラクシーSは前崩れのレースだった。そこでウインムートは直線でずるずると下がってシンガリ負けと大敗を喫したわけだが、展開がかなり厳しかった。ゲートも一息ですんなり先手が取れず、隣の枠にいたコウエイエンブレムにも絡まれて、結局、自分の競馬ができないままハイペースに飲み込まれてしまった。

ここも同じくコウエイエンブレムがいて人気を落とすのは無理もない。ただ前走はコウエイエンブレムの方も1枠2番を引き、控えるわけにはいかず、結果的にスタート直後からガリガリとやりあうことになった。対して今回のコウエイエンブレムは8枠16番。この馬は先行馬ではあるが何がなんでもハナというタイプでもない。ウインムートにしてみると、ほかに同型と呼べる馬は見当たらないだけに、ふつうにゲートを出ればここは意外とあっさりとハナを切ることができて、単騎の逃げさえ打てるのではないかと思う。しかも今回は平坦な淀に替わる。

条件は好転すると思うのだが、人気はかなり落ちる。この手の逃げ馬を狙うにはちょうどいい頃合いではないだろうか。

相手探し。

相手は、内から、ゴーイングレート、プレスティージオ、シンゼンレンジャー、ドライヴナイト、サトノファンタジー、ヒロブレイブ、サウススターマン、ラインシュナイダー、コウエイエンブレムと手広く。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL