FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 日経新春杯 結果論

日経新春杯 結果論

単騎で逃げたロードヴァンドールは言うことのない展開に持ち込めたのだろうと思う。実際、2番手にいたガンコにいったん交わされながら差し返して1馬身以上の差をつけたのだからかなり余裕をもって直線に入っていたのだろうし、これで差されたのだからどうしようもないという結果だったように思う。やはり距離が少し長かったのかもしれない。パフォーマプロミスはデムーロが内ラチ沿いを先行させるうまい立ち回りをしたことも大きかったし、ハンデが軽かったことも効いた。次、京都記念かもしれないが別定にかわって真価が問われそう。ミッキーロケットはこのハンデを背負って、外、外をまわってのものだけにこの結果はやむなし。ここをあっさり勝てるような馬なら昨年のGIで掲示板には載るくらいの走りを見せていただろう、ということか。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL