FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 東海S 結果論

東海S 結果論

古吉君の堅い決意のもとテイエムジンソクはハナを主張し、そのまま先頭を切って走り切った。上がり3F38秒1は平凡以下の数字だが、後続に脚を使わせて潰してしまっているわけだから強い競馬だったというのは間違いないのだろう。ただやはり相手が…というところは残るのだが。このレースを見る限りだと次のフェブラリーSには不安を感じてしまう。コスモカナディアンは直線でテイエムジンソクに喰らいつこうとするのをみて、仁川Sでグレイトパールに食い下がったレースを思い出した。あのときも3着を大きく離していた。ただ仁川S以降、ここまでで勝ったのは降級した安達太良Sだけ。強い馬相手にタフな競馬をすると力を発揮するということなのだろうか。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL