FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP本紙の見解 ≫ vol.2145 根岸S(GIII)

vol.2145 根岸S(GIII)


馬券が当たらない。おそらく寒さのせいだろう。日曜日も寒さは続いているし、あまり期待できないかもしれない。

さて根岸S。

人気はカフジテイク、サンライズノヴァ、キングズガードと差し馬が並んでいる。前が残る展開で好配当を狙ってみる。

まずはサイタスリーレッド。千ニだとテンのハナ争いで分が悪くなる印象だがこの距離だと比較的楽に前へ行けるだろう。千四での戦績がいいのはそれが要因だと思う。ここは内のノボバカラくらいしか速そうな馬は見当たらないのですんなり先行できそうな顔ぶれだし、揉まれずに自分の競馬ができれば力を発揮できる。人気はかなり落ちているし狙い目だろう。

ノボバカラも買ってみたい。出遅れもあったりして最近は南部杯以外ではハナを切る競馬ができていないが、スタートさえ決めれば前へ行ける馬。これもサイタスリーレッドと同じく千四なら楽にその形に持ち込めそう。自分の形で走れば力を発揮するタイプだけにとにかくハナを切る競馬をしてくれることを期待。

それからアキトクレッセント。ギャラクシーSは差す形で結果を出した。ただ自在性があって先行しても力を出せるタイプ。このメンバー、この頭数を考えると、この枠からさすがに下げる競馬は選択肢としてない。この枠を生かすなら内ラチ沿いを先行して直線で抜け出しという形だろう。東京コース、千四とも申し分のない条件だけに荻野君の初重賞を期待してみよう。

最後はブラゾンドゥリス。ギャラクシーSでは勝ったアキトクレッセントとは斤量差もあった。それを考えると今回のアキトクレッセントとの人気の差は大きすぎるように思える。この馬も東京コース、千四には相性がいい。ここは狙える。

馬券はボックス。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL