FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 京都記念 結果論

京都記念 結果論


レイデオロは3着だったが悪い競馬ではなかった。敗因は能力的なものではなく外枠で前に馬を置けずに行きたがったところに尽きる。休み明けのあの競馬で3着なら合格点なのではないだろうか。クリンチャーは先行しながら勝負どころで少しポジションを下げたあたりでは圏外かと思ったが、内から伸びて快勝。菊花賞2着は馬場のせいだろうと思っていたのだが、クラシックホース2頭を差し切ったのだから強い内容。力のいる馬場もよかったかも。アルアインは外からレイデオロを差す正攻法の強い競馬をしての2着。これも力を見せた。モズカッチャンは最内をすくうように突いたが4着まで。牡馬との差だろう。ミッキーロケットは言うことのない競馬をしたと思うがこの結果。力の差だろう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL