FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP敗者の戯言 ≫ チューリップ賞 結果論

チューリップ賞 結果論


2頭を前に行かせてラッキーライラックは離れた3番手を追走。まずまず折り合いもついていた。その後ろにはマウレアとリリーノーブルが続き、1番人気馬をマークする絶好の位置取りかと思いきや、2頭とも直線で抜け出したラッキーライラックに馬体を併せることもできないまま、反対に差を広げられ気味になり、ゴールとなった。このレースを見る限り、ラッキーライラックの強さが目立ったと言える。阪神JFと違って先行策で結果を出せたのは大きい。マウレアとリリーノーブルの差は使われてきていたかどうかの違いだろう。次ではリリーノーブルが上だろう。桜花賞はこの序列を踏まえつつ、オッズと相談。






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL