FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 弥生賞 結果論

弥生賞 結果論


サンリヴァルはきっちりハナを切り、単騎で逃げてゴール前まで粘ったが、最後は力が尽きて4着。上位3頭とは差があったということなのだろう。ダノンプレミアムは1000m通過が61秒5という流れのなかでまずまず折り合いをつけて走れていた。そして直線できっちりと脚を使いワグネリアン以下に差をつけて完勝。初の2000m、休み明けの一戦ということを考えると上々の内容だった。先行できる強みは中山コースでは活きてきそうだし、きっちり2着にきて力のあるところをみせたワグネリアンがどうみても広いコース向きだということを考えると、スプリングS次第のところがあるとはいえ、皐月賞の大本命は揺るがない感じ。ワグネリアンは今後の伸びしろは大きそう。気性も若い。ジャンダルムはきっちり力を出しているが、ワグネリアンに差されたあたりに力の限界をみたようにも思う。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL