FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP本紙の見解 ≫ vol.2154 ポラリスS(OP)

vol.2154 ポラリスS(OP)


ネーハイシーザーが死んだらしい。そしてサウスヴィグラスも死んだそうだ。合掌。

土曜日は中山で中山牝馬Sもあるが、予想はポラリスS。

阪神ダート千四のオープン特別で、暮れにこの条件で行われたギャラクシーSに出走した馬が位人気になっている。

1番人気のレッドゲルニカは、そのギャラクシーSで15着と惨敗。2番人気のコウエイエンブレムも同じく10着と惨敗している。ただギャラクシーSはかなりハイペースになって先行勢が総崩れになるレースで、当然のことながら、あれが実力というわけではない。実際、レッドゲルニカは次のバレンタインSを2番手から抜け出して快勝しているし、コウエイエンブレムはこの馬らしく、すばるS、大和Sときっちり連続2着にきている。

今回はメンバー的にギャラクシーSのような流れになることは考えにくく、レッドゲルニカもコウエイエンブレムも持ち前の先行力が活きそうである。別定戦でもあるし、人気どおりの決着になる可能性は高そう。

馬券的な狙いとしては、コウエイエンブレムの尋常ではない安定感を取ることにして、これを軸にする。6勝に対して、2着が10回あり、3着3回、着外はわずか3回。逃げ馬を捕まえ切れなかったり、抜け出したところを決め脚のある馬に差されたりということが繰り返されているが、昨年春にはオープン特別を連勝しているように能力面で限界があるわけではない。もう少し賞金を稼いで、地方のダートグレード競走の枠に入ることができれば、かなり勝つのではないかと思うのだが。

コウエイエンブレムからの馬券を買うが、相手にはレッドゲルニカは押さえておくとして、本線で狙いたいのは、ラテンロック、ラインシュナイダー、サトノファンタシーの3頭。

馬券は、コウエイエンブレムの馬単の表裏。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL