FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 高松宮記念 結果論

高松宮記念 結果論


勝ったファインニードルと2着のレッツゴードンキ、3着のナックビーナスは道中の位置取りでいえばほぼ似たようなところだったが、レッツゴードンキが内ラチ沿いを進んで直線でインを突いたのに対して、ナックビーナスは馬場のなかほど、ファインニードルは終始、外、外をまわっていた。それでいて最後には、抜け出したレッツゴードンキを外から差し切ったのだからファインニードルは強かった。ファインニードルは、昨年の6月に準OPを勝った馬だが、その後は、セントウルSとシルクロードSを勝ち、本格化したということなのだろう。レッツゴードンキは岩田がうまく立ち回っていたが、切れる脚がないだけにこの負け方は仕方がない。力はあるということを示したが。レッドファルクスは千四の阪急杯で追い込むも届かずの3着だったことを思うと、千二は忙しい距離になったということなのかもしれない。狙うなら京王杯か。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL