FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP敗者の戯言 ≫ 大阪杯 結果論

大阪杯 結果論


後方2番手から向こう正面で一気に動いて3角ではハナを切るヤマカツライデンに並びかける位置まで押し上げながら、直線まできっちりと伸びて快勝したスワーヴリチャードはとにかく強かった。外枠や右回りを不安材料にあげたのがばからしく思えるくらいの強さだった。このメンバーでこの勝ち方をしたのだから、今年の古馬王道路線はこの馬が主役かな、という気がする。それに比べるとアルアインは力を出しているとはいうもののスワーヴリチャードとは差があった。ペルシアンナイトは馬群で我慢をして直線で伸びてきた。ああいう競馬をしても前が詰まるのでは?と思っていたが、あっさり抜けてこられたのは意外だった。ヤマカツエースは差のある4着。これがこの馬の限界なのだろうし、この馬に少し差をつけて先着した上位3頭が4歳馬だったというのは世代の強さを表しているように思う。サトノダイヤモンドは想像したとおりの負け。しかしこれで人気を落とせば天皇賞ではいろいろと条件が好転するだけに、狙い目かもしれない。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL