FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 桜花賞 結果論

桜花賞 結果論


ただただ自身の不明を恥じるばかり。道中、ほぼ最後方に近いところにいたアーモンドアイが大外をまわって直線に向いたところの手ごたえをみて、これが突き抜けるのだろうと思った。そしてそのとおりになった。上がり33秒2。2番目に速かった4着トーセンブレスを1秒上回る。とにかく力が違ったということしかない。ラッキーライラック、リリーノーブルがきっちり力を出しているだけにこの強さは際立つ。母はフサイチパンドラで父はロードカナロアだがその父はキングカメハメハ。オークスもこれなのかも、という気はする。ラッキーライラックは相手が悪かったとしか言えない。リリーノーブルはやはりラッキーライラックには勝てず。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL