FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP敗者の戯言 ≫ 天皇賞(春) 結果論

天皇賞(春) 結果論


ミッキーロケットがうまくインを突いて伸びてきたときには(3連複もあったので)一瞬、盛り上がったが、結果は4着。上位勢の顔ぶれをみるとうまく立ち回っても歴然とした力の差があったということなのだろう。やむなし。シュヴァルグランは意外な先行策。ボウマンでなければあの位置は走っていないだろう。川田君の仕掛けで予定より早く動くことになったのかもしれず、それでもあの着差の2着は力の証明だったように思う。シュヴァルグランをマークするような位置で競馬を進めながら結局、捕え切れなかったクリンチャーは力の差があったということだろう。そして勝ったレインボーライン。これは岩田君の好騎乗だった。4角では馬場の中ほどあたりを走っていたのに、直線ではいつの間にかインを突いていって、内からの差し切り勝ち。外をまわしていれば届かなかっただろうから、この勝ちは岩田の騎乗に尽きるといっていいのではないかと思う。レース後、下馬したので心配したがハ行で済んでよかった。とはいえこのレースで競走能力を喪失していたとしても、タイトルを獲ったわけだからそれはそれでよかったのではないかとも思うのだが。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL