FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP本紙の見解 ≫ vol.2166 NHKマイルC(GI)

vol.2166 NHKマイルC(GI)


今年からアーリントンCの施行時期が変えて、NZTとふたつのトライアルができたということを先日のアーリントンCの時に知った。3歳マイル路線の充実のためなのだろう。それが奏功したのかどうかは知らないが、今年のNHKマイルCはこの両トライアルからの参戦が多い。反面、桜花賞、皐月賞上位組からの転戦はない。この状況は、マイル路線の強い連中が揃ったというよりも、むしろレベル的に疑問符がつくレースになったということなのではないかと思う。

こうなるとタワーオブロンドンが抜けた存在になるのも致し方ない。レベルの高い牡馬クラシック路線ではダノンプレミアムが強さを見せていたが、タワーオブロンドンは朝日杯で、そのダノンプレミアムには完敗の格好だったものの2着ステルヴィオとはほとんど差のない競馬をしていた。牡馬クラシック路線上位の力があるということだろう。休み明けの前走、外から楽々と差し切ってしまったあたり、牡馬王道路線とそれ以外の路線との力の差を見せつけていた感がある。

正直なところこれで単勝1番人気とはいえ、2倍台後半なら好配当に思える。

ただここは買わない。やはりこの馬はマイルまでの馬ではないかと思う。朝日杯でステルヴィオにも先着を許しているあたり、現状、距離はマイルが上限でベストは千四あたりではないだろうか。マイルより長い距離の適性が求められる府中のマイル戦ではこれまで見せたような切れ味が直線の最後には鈍るとみる。

タワーオブロンドンを倒すとすれば、マイル路線の馬ではなく中距離馬だと思うので、皐月賞上位組がベストなのだが、今回はそれがいない。となると期待できそうなのはギベオンしかいない。

ギベオンは暮れの阪神千八でデビューして、2戦目が東京二千のフリージア賞、前走が毎日杯と、マイル路線の馬ではない。ダービーを目指してもよさそうなローテだし、血統的にもマイラーというわけでもない。こんな馬が、鞍上にデムーロを置いてここに出てきている。獲りにきているのだろう。

これで単勝は5倍超。馬券は単勝のみ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL