FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP敗者の戯言 ≫ 優駿牝馬 結果論

優駿牝馬 結果論


アーモンドアイは好発を決めて中団からの競馬になった。序盤は掛かっているように見えたので、これは直線失速か、と思っていたら、さすがルメール、きっちり折り合いをつけてしまった。日本人騎手ならスタートを決めても下げてしまいそうだが、出して行っても折り合いをつけられる自信があるということなんだろう。いまさらながらに上手さを感じる。アーモンドアイが直線で突き抜けて完勝。力が違った。秋に牝馬路線を選択する必要性を感じない勝ちっぷりではあったが、とはいえ凱旋門賞とかはやめていただきたいものだ。リリーノーブル、ラッキーライラックは文句のない競馬をしたが、桜花賞に続いて完敗。生まれた世代が悪かった。サトノワルキューレは結果的には桜花賞組との力の差だったということなのだろう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL