FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 小倉記念 結果論

小倉記念 結果論

1分56秒9のレコード決着で、2番手の馬が33秒5で上がってしまうレース。後続の馬はどうしようもない。マウントゴールドがレースを作ってトリオンフが番手に付けてその順番が入れ替わって終わりかと思ったところにサトノクロニクルが突っ込んできて2着に上がった。ひさびさ、距離不足(?)展開を考えると悪くないレースだった。レイホーロマンはいい脚を使ったがいかんせん位置取りが悪すぎた。ローカルハンデ重賞でトップハンデの2頭&1、2番人気の馬のワンツー。2頭が強かったということではあるのだが、馬券的にも内容的にもつまらないレースだった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL