FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP勝者の結果論 ≫ ローズS 結果論

ローズS 結果論


1000m通過が1分を切るペースだったので平均より速い流れになったが、外からじわっと上がって行って2番手に付けたカンタービレが直線で早めに先頭に立って押し切り。上がり3Fは33秒6だったから後続はどうしようもない。これで重賞2勝目。馬体減は気になるが、オークス以外は崩れていないし、秋華賞でも注目しておいた方がよさそう。とはいえルメールが乗らないのはマイナスだが。2着サラキアはスタートで出遅れ。そこからポジションを取りに行ったせいか、道中は行きたがっていた。それでも直線は外から伸びて2着は確保した。賞金加算と出走権確保をクリアして、小倉始動が奏功した感じ。展開を考えると力は見せた。ただメンバーを考えると春の序列から上にきたという印象はない。サトノワルキューレも出遅れ。こちらは後方待機から大外をまわす持ち味を生かす競馬をした。結果、6着だったが、脚は使っていて、前も速い上がりを使っている分、詰め切れなかっただけ。悪くない競馬だった。とはいえ次の秋華賞は舞台としてはこの馬向きとは言えず、出るならエリ女あたりで狙いたいところ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL