FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 神戸新聞杯 結果論

神戸新聞杯 結果論


エポカドーロはゲートがすべて。見せ場らしい見せ場もなくスタートしてすぐに終わってしまった。それでも4着といちおう力は見せた。菊花賞では期待しよう。メイショウテッコンは力を見せられたとは思うのだが、上位2頭とは力の差が感じられた。ワグネリアンはまずまず折り合いをつけながら中団後ろあたりを追走。そこからきっちり伸びて快勝。このレースなら菊花賞でもなんとかなりそうな気もするが、次は天皇賞らしい。エタリオウは最後方から突っ込んでの2着。力はあるのだとは思うが、こういう競馬しかできないからどうしても2着が多くなる。仕方がないといえばそれまでなのだが、勝ち切るのはなかなか難しいそう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL