FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ スプリンターズS 結果論

スプリンターズS 結果論


馬場はそれほど悪化せず、やや重だったのはちょっと意外。ファインニードルが好位追走、直線で外から一気の差しで春秋スプリントGI連覇を達成した。2着以下が内を通っていただけにこの競馬で勝ったのは強いということだろう。ものすごく時計が速い馬場でどうなのかというところはあるにしても、どうせ次は香港だろうし、それほど気にすることもないのだろう。ひさしぶりにスプリント路線で強い馬が出た印象。ま、レッドファルクスも強かったのだが。強かったのはラブカンブーもなかなかのもの。セントウルS同様に速い流れを先行して粘り込むのだからスピードは相当なものがある。3歳牝馬は斤量面で恵まれている感もあるので古馬になっても牡馬相手にこのくらいのレースができれば面白いが。ラインスピリットは直線で前が詰まり立て直す不利が致命的だった。スムーズなら2着はあったし、勝ち負けも際どかったかも。レッツゴードンキはあの位置から外をまわる競馬ではあれが限界だろう。よく走っているが。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL