FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP本紙の見解 ≫ vol.2184 毎日王冠(GII)

vol.2184 毎日王冠(GII)


開幕週&少頭数&逃げ馬不在。この条件下、ほぼ唯一の先行馬、アエロリットにモレイラが騎乗。対牡馬の実績も安田記念2着とまったく問題なし。ほかのメンバーもGI馬は、菊花賞馬とNHKマイルC勝ち馬くらいなもの。単勝1番目人気は当然で、オッズも2倍台前半くらいだろうか。

と思っていたら、前日売りで2.7倍。意外と高めに思える。みんなどこか「そんな安直な結論でいいのか?」とでも思っているのかもしれない。

かく言うわたくしはそう思っている。だからアエロリットは本命からの紐に留める。

本命はダイワキャグニー。ここまでの勝ち鞍5つはすべて東京コースという府中巧者。オープン特別は3勝しているが、重賞はまだ勝てていない。何か壁がありそうな戦績ではあるのだが、ただ東京新聞杯で先着されたサトノアレスにしても、エプソムCで負けたサトノアーサーにも、その前のオープン特別では負かしているわけだから、能力の問題ではないように思う。この馬の過去のレースデータをみるとすべてのレースで最速の上がりを記録していない。要するに切れ味がある馬に交わされてしまうということだ。

さすがに横典もそこはわかっているだろう。アエロリットの単騎の楽逃げを捕まえ切れないとか、後続の切れる馬の餌食になるとか、そういう仕掛けはしないはず。得意の府中コースで、得意の中距離戦。だというのに単勝5番人気でオッズは10倍近い。ここは狙い目。

相手は、アエロリットは押さえるとして、内からケイアイノーティック、ステファノス 、サトノアーサー、ステルヴィオ、スズカデヴィアス。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL