FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP敗者の戯言 ≫ 毎日王冠 結果論

毎日王冠 結果論


アエロリットがスタートを決めてハナを切ると隊列はほぼ決まり、そのまま淡々と流れた。スローではないが、決して速くもないペースで進み、アエロリットが危なげなく押し切ってしまった。こういう展開を予想していたが、まさにそういう展開になった。そこで本当に勝ってしまうということは評価しなくてはいけないのだろうが、2番手以降の騎手に工夫がなさすぎるとも思う。ダイワキャグニーはいつものように自分なりの速い上がりは使っているが、あの位置からでは差せるはずがない。あれで差せるなら東京新聞杯は勝てている。展開を考えると中団やや後ろから突っ込んできたステルヴィオは力のあるところをみせた。そして力を見せたというところでは、キセキ、ステファノスも同様。この3、4着馬は次も面白そう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL