FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP敗者の戯言 ≫ 有馬記念 結果論

有馬記念 結果論

オジュウチョウサンが前へ行かないようだったからキセキが楽にハナに立つのかと思っていたらミッキーロケットが出して行って、結局、キセキがハナに立てたのは1周目の4角出口あたり。これがどのくらい影響したのかはわからないが、少し脚を使うことになってしまった。それでも直線半ばまでは押し切れそうな勢いもあった。ただそこから一気に後続に交わされたのは中山の急坂に差し掛かって連戦の疲れが効いてきたのかもしれない。ここ3戦すべてに言えるのだが、強い競馬だった。来年は是非、国内専念でお願いしたい。勝ったブラストワンピースは前目に付ける池添君らしい勝負の競馬をしてきた。早めに仕掛けてレイデオロを封じるという好騎乗。大竹厩舎がGI?という思いがあったのだが、攻めの騎乗で壁を突き抜けた。レイデオロはうまくやられたというところだが、ルメール曰く柔らかめの馬場も響いたとのこと。力はみせた。力をみせたといえばシュヴァルグラン。ボウマンがうまく立ち回った感はあるがしぶとく伸びて3着は秋のレースを考えると上々。さすがにJCを勝っただけのことはある。ミッキーロケットはマーフィーの好騎乗。前へ行けば外枠はそれほど気にしなくていいということらしい。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL