FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP本紙の見解 ≫ vol.2201 ホープフルS(GI)

vol.2201 ホープフルS(GI)


今日(12月28日)はいよいよ中央競馬の最終日。昨年に続いて阪神競馬場へ行く。考えてみると昨年のこの日以来、阪神へは行っていない。今年の馬券成績はさっぱりだったが、せめて最後くらい…。ま、東京大賞典は買うのだけれども。

ホープフルSの前身、というのもおかしいのだが、形式上、そういう扱いになっているラジオNIKKEI杯2歳Sというかラジオたんぱ杯3歳Sというか、は、よく見に行っていた。勝ち馬でいうとロイヤルタッチからワンアンドオンリーの間あたりはわりと見ている。最終レースが終わってから翌日の有馬記念の馬券を買って帰るのが年末の恒例になっていたところがある。それだけに中山&有馬記念後への移行は残念でならない。それにGI格上げも歓迎とは。朝日杯に対してGIIIのこちらに来年を見据えて強い馬が出てくるという位置づけで何がよくないのか。ああそうか売上か。

今年の本命はサートゥルナーリア。

母はシーザリオ、叔父には幻のダービー馬プロトンがおり、兄はエピファネイアとリオンディーズという超良血。ここまで2戦2勝の成績で、レース内容は、数字的には目を引くようなものはないものの、本気でなど走っていないし、追われてもいない勝ちっぷりには相当な大物感がある。デムーロがアドマイヤマーズ以上かも、と評価しているのもわかる。エピファネイアにしてもリオンディーズにしても競走能力を全開にしないまま引退してしまったところがあり、この血統の底知れない雰囲気がこの馬にもあるのではないかと思う。1番人気確実ではあるのだが、逆らう手はないだろう。単勝2倍以上なら単勝だが、つかないようなら馬単。

相手は、ニシノデイジー、アドマイヤジュピタあたりの人気馬は押さえるとして、キングリスティア、ブレイキングドーン、ミッキーブラック、ヴァンドギャルドを買いたい。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL