FC2ブログ

@週刊馬券王 ++blog版 ver.3.0++

2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP敗者の戯言 ≫ 東京大賞典 結果論

東京大賞典 結果論

アポロケンタッキーがハナに立ったときには不安より期待があったがまああんなものか。勝ったのは後方から差してきたオメガパフューム。ここもまた3歳馬。パワー溢れる馬格の馬が多いなかで華奢にさえ見える馬体ながら大井でこの勝ちっぷりは素直に評価していいように思う。ゴールドドリーム、ケイティブレイブの二頭がどのくらいのデキだったのかはともかくとして、この二頭を負かしたのだから強いし、じゃあルヴァンスレーヴはどれくらいの強さなのだろうと思ってしまう。サウンドトゥルーは4着。堅実に脚は使っているが…。衰えというより上位3頭が強かったということなのだろう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL